債務整理のメール相談で後悔しないために

債務整理のメール相談で後悔しないために

MENU

債務整理のメール相談で後悔しないために

生活のために借金を重ねてしまって、その返済をするためのお金がなくなり、結果として滞納となってしまうケースはよく見受けられます。
こうしたケースでは、クレジットローン会社や消費者金融会社から、早く残りの返済金を支払うようにと督促状がまず送られてきますが、それでも返済できないようであると、銀行口座に入っているお金や、土地や住宅などの財産を差し押さえられてしまう可能性もあります。
そのようなことになる前に、弁護士などの専門の職業の人に相談をして、債務整理などの対抗措置を依頼できるようにすることが大切です。
債務整理をしようとする場合、弁護士の事務所にアポイントを取って、直接面談して実情を話すのが一番よいのですが、はじめての経験で何を話してよいのか迷って重要な事実を言いそびれてしまうようなこともないわけではありません。
そこで、事前にメール相談ができれば、事実関係を時間をかけて漏らさず説明することができ、また弁護士からの回答を後から読み返すこともできますので、債務整理をする上でたいへん役に立ちます。
メール相談を受け付けている弁護士は今のところ限られてはいますが、最近では充実したホームページを持つ弁護士事務所も多く、インターネットで検索すれば意外とヒットします。
こうしたホームページのなかにはメール相談専用のフォームが設けられており、穴埋め式で必要な項目に記入して送信すればあとで回答が届きますが、無料で対応してくれる場合がほとんどです。