必読!債務整理にはデメリットがあります

必読!債務整理にはデメリットがあります

MENU

必読!債務整理にはデメリットがあります

債務整理を行えば、借金苦から逃れられるというメリットがあります。借金に追われた生活から逃れられることによって、新しい生活をスタートできますから、苦しんでいる人にとっては非常にありがたいものだと考えられます。しかし、デメリットもあることを忘れてはなりません。債務整理のデメリットを知った上でどうするのかを決めるべきでしょう。

債務整理にはいくつかの種類がありますが、共通するのは信用情報に傷がつくことです。信用情報とは借入に関する情報のことで、これは金融機関や信販会社などが共有しています。一度自己破産をすると、次は借りられなくなると言われることがありますが、これは信用情報が影響しています。

返済をしなかったという情報は信用情報機関に登録されます。そして、ほかの金融機関にローンなどの申し込みをすると、その金融機関は信用情報機関の情報を参照しますから、審査には通らなくなります。簡単に言えば、その後はお金を借りることはできなくなりますし、クレジットカードを持つこともできなくなります。情報が保存される期間は最大でも10年ですから、10年間は新たな借金はできないと考えておいた方が良いです。

債務整理の一つとして自己破産がありますが、自己破産をした場合には借金がなくなるだけではなくて、ほかの資産はほとんどなくなります。不動産を持っていればそれもなくなりますし、お金になるものがあればそれもなくなります。生活に必要な最低限のもの以外は、すべて失うというデメリットがあるのです。