債務整理・費用いくら.com

MENU

債務整理・費用いくら.com

借金問題で苦しむ人は現代の日本では決して珍しい存在ではなく、実際に多くの人が苦しんでいますし、誰もが借金問題に陥る可能性を秘めていると考えられます。

 

現代社会は真面目で責任感の強い人が多くいます。そのため、多重債務などに陥ってしまった際に誰にも相談できずに一人で悩みこんでしまうというケースも多く見受けられます。
一人で悩みこんでいてもお金の問題は解決するものではありませんし、預金口座が差し押さえられてしまった場合、いよいよ生活に困窮してしまいます。
極力速やかに専門家に相談することが、早期解決につながると考えられるでしょう。

 

借金問題を合法的に解決する手段として、日本には債務整理という手段があります。
債務整理には自己破産や個人再生といった裁判所に申請をして手続きを行うものと、任意整理といった債権者と直接交渉をして債務額の減免を図るものとがあります。

 

それぞれにメリット・デメリットがありますし、手続きにかかる費用も変わってくるので、自分にとって最も適した方法を熟考して手続きを行うこととなるでしょう。

 

弁護士事務所や司法書士事務所に支払う債務整理の費用はその手続き方法によって大きく異なります。
費用相場は一概には明言できないものがありますが、仮に3社から借り入れがあり、その負債額の減免を図るケースで考えてみますと、自己破産の場合で15万円から20万円、個人再生の場合でおよそ30万円、任意整理の場合でおよそ10万円程度の費用が相場となっています。

 

相場を知っておくことで適切な取引を行うことができるので、よく確認をしておきましょう。

 

債務整理を必要としている方が存在しています。主に借金などをしている方が対象とされているのですが、人によっては複数の機関からお金を借りている方も存在しています。お金を借りた場合では、個人間の約束ではその当事者間での話し合いで済ませることが可能な方も存在しているものですが、一般的には返済期日というものが設定されていることになるために、しっかりとしたプランを立ててお金を借りることが何よりです。しかし、中にはいわゆる多重債務に陥ってしまったり、アクシデントによって借金の返済が滞ってしまうという方も存在しています。どのような状況であっても、約束通りに返済することができない場合では、債務整理というものを利用できる環境にあります。債務整理は双方にとってメリットを持っているものになり、貸し手側に関しても、そのまま返済されないよりは、ある程度妥協できる金額に設定することによって、ゼロよりは金銭的な部分でメリットを得ることができます。現在では司法書士事務所などを活用することも一般的に認知されるようになり、弁護士などに依頼することもメジャーになります。そんな中、債務整理を利用することを決めた方ならば、その費用などが気になる部分になっている方も存在しています。一般的な相場に関しては、1社につき2万円程度に設定されていることが多い傾向にあります。また、成功報酬というものが発生することもあり、このケースでは10%程度に相場が設定されています。費用に関しては無料で相談することができ、全体的にかかる費用としては、債務によって異なりますが、比較的相場に関しては低めに設定されていることが一般的です。

更新履歴